盆栽の文人(ぶんじん)って何?

盆栽で見られる「文人調」とか「文人風」って何?と思って調べてみました。

文人とは

そもそも文人とは、中国の伝統社会における学問を修め文章をよくする人という意味。書画を書く風流人の「墨客」と併せて「文人墨客」とも呼ばれます。

そして文人墨客から好まれた侘び寂びの世界を表した樹形が「文人調の盆栽」です。
じゃあ具体的に「侘び寂びの世界を表した樹形」とはどんな見た目なのか。これ↓

各部位の特徴を下表で表します。

文人調の特徴
部位 特徴
樹高 低い
途中に枝が少ない、クイツキ枝(幹に食いついたような形の小さな枝)はむしろアリ
幹の太さ 樹高に対して幹が細い
木肌の質感 薄皮で、小さいヒビが入り、小枝の先まで荒れて古めかしい
木肌のキズ 無い
根張り しっかりとしている
葉性(葉の状態) しっかりとしている
全体的な印象 古めかしさと侘び寂びが滲み出ている
派手さがなく、素朴で浅い丸鉢

文人盆栽の難しさ

文人盆栽は作り上げるのに時間が掛かる割に、綺麗に仕上げるのが難しいとされています。

樹齢が古くないと樹皮のひび割れた質感が出ないので、それだけでも時間が掛かりますし、くたびれたような風貌に仕上げるのでセンスがモロに出てしまう(豪華さもないので、下手をすると失敗作にしか見えなくなってしまう)からです。

でもだからこそ、作り甲斐があるのかもしれませんね。