オススメのコーヒー豆(ホールビーン)

2019年1月17日コーヒー

普段、私はアマゾンでコーヒー豆を買っています。それを紹介します。

ザビダ ヘーゼルナッツバニラホールビーン

これ、豆自体のクオリティーはかなり低いです。でも、他に手頃で安定供給できるのがなかなか見つからないんですよね。そもそもあんまり開拓もしてませんけど。

普段は、他の普通の豆に対してこれを少しだけブレンドして使っています。ブレンドする量は1割くらいかな?
あんまり入れすぎると味が落ちて、ヘーゼルナッツバニラの香りが強くなりすぎるので少しだけ使っています。

KIRKLAND (カークランド) シグネチャー スターバックス ロースト ハウスブレンド

2010年頃まではこれをメインに使っていました。

でもね、何故か分かりませんけど2015年か2016年くらいからロットの当たり外れが凄く多くなった気がして豆を変えました。前は、蒸らし工程でお湯をかけたらよく膨らんだので「思ったより新鮮だなー」と感じてたんですけど、最近だと膨らまないどころか劣化しきっててコーヒーも凄く不味かったんです。

新鮮な当たりロットさえ購入できるなら、これほどコスパの良い豆はないと思います。

単品では少しつまらない味

「ハウスブレンド」という体でブレンドされているはずなんですけど、この豆だけでは退屈な味です。
私は必ずザビダ ヘーゼルナッツバニラホールビーンを少し加えてオリジナルブレンドにしています。

カフェオレには少し向かない

甘みも油分もあってストレートで飲むには丁度良いんですけど、香り・苦味が足りないので牛乳に割り負けします。

かと言って濃いコーヒーで作ってもイマイチで、ただ重くなるだけです。美味しいっちゃ美味しいんですけど、(下の方で紹介している)神戸上島義弘ブレンドの「Uブレンド」で作ったカフェオレと比べると、どうしても見劣りしますね。

ミスターイングリッシュコーヒー

焙煎してすぐに送ってくれるので、豆の品質の安定度は抜群です。

ただ、1 kg単位のを3 kgとか5 kg分まとめ買いしたら勝手に2 kgの袋にされたりして、ちょっと使いづらいなーと思って買わなくなりました。
楽天と違ってAmazonって購入時にそういう要望が出せないじゃないですか。「ちゃんと1 kgずつで入れてください」って。

あと、送料がかかるのでまとめ買いを強いられるのも難儀な点です。

フレーバーの種類は豊富

フレーバーの豆が沢山容易されているのは魅力的ですね。一応全種類試したことはあるんですけど、一番好きなのは

  • バニラヘーゼルナッツ
  • チョコアーモンドココナッツ
  • バターペカン
  • チョコマカダミアナッツ
  • バニラナッツクリーム

それぞれ美味しいんですけど、特に良いと思ったのはバニラヘーゼルナッツとかチョコアーモンドココナッツですね。
フレーバー無しだと・・・

  • AM(フレーバー無し)
  • PM(フレーバー無し)
  • アイスコーヒーブレンド

などなど。PMは酸味が弱くて好みの味でした。とにかく種類が豊富なのは有り難いですね。確認したところ、楽天市場では取り扱っていないみたいです。(執筆時)

ばいせん工房 珈琲倶楽部 お好みの焙煎

最近これにハマってます。総合的に、色々かゆいところに手が届く商品だと思います。

ホールビーン、挽き豆も選べる

  • 中細挽き
  • 標準挽き
  • 中粗挽き
  • 粗挽き
  • 豆のまま

色々選べるんです。これならミルを持っていない人も、自分で挽きたい人も好きに選べます。

焙煎具合も選べる

これが特にいいですね。浅煎りのシナモンローストから深煎りのフルシティーローストまで5段階で選べます。

  • シナモン・ロースト(-10秒)
  • ミディアム・ロースト
  • ハイ・ロースト(+20秒)
  • シティー・ロースト(+40秒)
  • フルシティー・ロースト(+60秒)

鮮度も凄くいい

この豆、お湯を掛けたら「これでもか!」っていうくらいに膨らみます。今まで見た豆の中でもダントツに膨らみます。
いや、まぁ「膨らむ=鮮度いい」で、必ずしもいい豆とは限りませんけど、味もちゃんと美味しいです。私は当分これで落ち着きそうですね。

400 g単位で買えるから手軽

コーヒー豆って2 lbs.単位とかでちょっと多い。200 g単位のもあるかと思えばちょっと割高だったりして躊躇する。

これは200 gもありますけど、400 gで値段も割と手軽なので凄くとっつきやすいです。もっと大きいのもあります。500 g4袋で2 kgとか。
とにかく色々好きに選べるのがいいですね。

ポストに入れてくれるから受け取りが不要

400 gの場合、3袋程度なら薄い箱に入れて郵便に投函してくれるので、受け取りの手間が省けます。これがめちゃくちゃ助かります。4袋頼んだことがありますけど、その時は梱包サイズが大きくて受け取りが必要でした。

アマゾンだと配送オプションでは日時指定ができません。(執筆時点)
例えば、真夏にポストにずっと放置されるのも「ちょっとイヤだなー」とも思いますが、大手のやつみたいに海外で焙煎、袋詰して何ヶ月もかけて船で来てるのよりもよっぽどマシです。

神戸上島義弘ブレンド

焙煎工房と同様、ホールビーン(豆のまま)と粉の両方のタイプが用意されています。

ブレンドのバリエーションを選べる

Uブレンド

アマゾンページの紹介では香り・苦味・酸味は強く、コクは弱いという紹介でしたが、飲んで見るとどれも強い。とても個性が強いと感じました。

私個人としては酸味が強いコーヒーは苦手なんですけど、このコーヒーは苦味もコクも強いので酸味だけが主張する感じがなく、全体としてイヤな感じはありませんでした。

ただし苦味が本当に強めです。普段どんなに濃いコーヒーでも苦いと感じることがない私でもちょっと苦いと思うほどでした。
ストレートで飲むには少し薄めのほうがいいかもしれません。

全体的に強い主張をしてくる味なので、牛乳で割ってカフェオレ(コーヒー牛乳)にすると美味しいと感じました。牛乳に割り負けしない味です。個人的に今まで1番と言っていいほど牛乳と相性がいいコーヒーです。

ABブレンド

Uブレンドとは違い、落ち着いた味わいです。Uブレンドが「いかにもコーヒー」って感じの味わいなのに比べて、ちょっとお茶みたいな感覚を覚えます。
ストレートで飲むなら「Uブレンド」より「ABブレンド」の方が飲みやすいと感じます。「ABブレンド」は酸味もありますが控えめですからね。ただ全体としてややぼんやりした感じがあるので、コーヒー牛乳にすると余計に薄れる感じがあります。

Bブレンド

ABブレンドと飲み比べると、酸味が弱いのでストレート(ブラック)でも飲みやすいです。3つの中では一番落ち着いていてストレートでも飲みやすいですね。
ただし、香り・渋み・酸味が控えめなので、コーヒー牛乳にするとABブレンドやUブレンドに比べて割り負ける感じがあります。

「ブラックで飲むにはどれがいいのか」については好みで分かれるかもしれません。

バランスの良さ

ABブレンド>Bブレンド>Uブレンド

飲みやすさ(酸味の弱さ)

Bブレンド>ABブレンド>Uブレンド

コーヒー牛乳としての相性、香りの強さ

Uブレンド>ABブレンド>Bブレンド

こんな感じでしょうか。ただ、身も蓋も無い話をすると、それぞれにそれぞれの良さがあります。

配達受け取りもポスト投函で楽

「ばいせん工房 珈琲倶楽部 お好みの焙煎」と同様、少量ならポストに投函してくれますから、受け取り不要で楽です。

たくさん注文するときっと受け取りボックスでも無い限り受け取りが必要になるんでしょうけど、私が3袋頼んだ時はポスト投函で済みました。

「小まめに新鮮な豆を供給したい、けど宅配受取り頻度が多いのも面倒だし、受け取れなかったら配達員さんの手間も増えるしなぁ・・・・かと言って一括大量購入も在庫管理がなぁ・・・」とか悩むクチな私でも気軽に注文できるので凄く助かっています。

包装がややクドい

些細なことなんですけど、豆を入れる紙袋、防水の袋、配達用の袋で合計で三重になっています。紙袋だけだと配達で濡れた時に支障が出るからなんでしょうが、この開封がちょっと煩わしいです。

内側が「ばいせん工房」みたいにアルミ袋(遮光、防水の銀色のやつ)だったらこっちとしては助かるんですけどね。

コーヒー別の個性や特性

まとめると、私としては各コーヒーの銘柄にこんな認識を持っています。

ザビダ ヘーゼルナッツバニラホールビーン
  • 香り付け用のみに使える。

  • 単品では耐えられない味。

KIRKLAND シグネチャー スターバックス ロースト ハウスブレンド
  • 美味しいしコスパは高いが、ロットによって当たり外れが大きすぎる。

  • ハズレばかり引くならコスパは悪い。そこを自分で選べないので不便。

ミスターイングリッシュコーヒー
  • 油分も多く甘みもあって、豆のポテンシャルは1番高いと思う。

  • ただ送料がかかるので大量購入を強いられるのが難点。

ばいせん工房 珈琲倶楽部 お好みの焙煎
  • ミルが無くても手軽に美味しいコーヒーを楽しめる。

  • 少量で注文しやすいから便利。

神戸上島義弘ブレンド
  • コーヒー牛乳用として「Uブレンド」はめっちゃ有能。

  • 油分や甘みは少ないが、香りは良くて他のコーヒーより1枚上手だと思う。

  • 少量で注文しやすいから便利。